進むスタイル

独立をする

最近は会社設立をして独立をするといった人が増えいているのです。会社設立は資本金は一円からでも出来るものですし、1人企業といったものから始めるのも問題ないのです。ですから、こういったスタイルで仕事をしていくことを選ぶ人が最近は増えているのです。これは成果主義がどんどんと新党しているので、企業内で仕事をしていても、それが信用のアップにつながりにくいといったことがあるのです。会社設立をして独立をすれば、やった仕事は全て自分の実績となり、それが信用にへとつながっていくことになるのです。ですから、既に実績のある人は、それで独立をすることが出来るものですし、実績がない人は会社設立をしてから、実績を作るといった考え方もできるのです。

自営業か会社を設立するか

独立して仕事をすることは決めていても、それを自営業でいくのか、会社設立をするのかというのは難しい問題です。会社設立の魅力は節税効果などですが、その節税効果もある程度の収益がなければ十分な節税効果とはならないのです。概略では750万円ぐらいの収益であれば、自営業の方が節税効果は会社を設立するよりもいいといったこともあるのです。もちろん、この額はさまざまな条件で変わってくるので一概にいえるものではないのですが、ざっくりとしたところでは、このあたりを目安として考えることもできるのです。収益がこのあたりを大きく超えていくようになってから会社設立をするといったことを考えるのも一つの考え方です。会社を設立するのはいつでも出来ることです。